自信作

▼▼自信作だ!と人様に言えるような文章をほとんど書いたことがないのでは……、と改めて思ったのだけど(自信を持っておすすめできる、という境地を終着点に据えながら言葉を置いていったことがほとんどなかったように思う)(自薦集というのが苦手なのもこのあたりのせいだろう)、確かに「文章全体」に対してそういうことを思ったことはそれほどなかった気がするにしても、文章を書く契機というか、動機というか、文章を書き始める瞬間、頭にあった、発想の新しさや切り口の鋭さ、については、わりと、自信があるぜ、って思えていたりするかも……、と、思い直した。