ある種の人生の気づきを得て、それを活かそうとする時の、勘違いと修正、にかかる時間

▼▼読みやすさを少し意識し直してみようかな、というような姿勢を頭の中で掲げてみた時、出てくる動きの変化の中に、読みやすい(身近な、あるいは卑近な)内容を選ぶことと、読みやすい言葉選び(テンポや論理構造)を選ぶことが、区別できず混同しているところがあって、ちゃんと切り分けたほうがよいよ、と気づけるまでに、数日かかった。
▼▼これくらいの「動きの指針」さらには「生きる姿勢」の“見間違え”に関して、認識できるまでに人生の数日が使われる、時間が消費される、ということを、改めて踏まえておいたほうがよかろう、って思ったし、天才、みたいなことや、超越的な人格、とかを考える時に、ここの切り替えが非常に早い、という形で見つめてみることもできそうだな、って思った。