精神と人生のイメージに関する真似っ子と、独特な動詞選び

▼▼精神イメージや人生イメージにまつわる話を聞かせてもらう、のが、ほんとうに役に立っているなー、なんて思えてることって多いな、って思った。▼▼普段からごくごく自然に抱いている心象、とは異なる、精神や人生に対する心象、および、心象からの派生として出来ている扱いかた、の話、を聞いて、マジか!そういう扱いかたもアリなのか!と学べている瞬間が結構ある。驚きが気持ちよくて好きだ。
▼▼眼差しの内部で使っているイメージが違っているように思える──向けている比喩が違う、というか──、結果として、扱いかたまで異なっているし──、なんてふうに思わせてくれる言葉を読むのが、好きだ、と、改めて思ったのだった。
▼▼独自性のある単語、特殊な切り口、独創的なイメージ、が、垣間見える──あるいは勝手に垣間見てしまう──引き寄せて解釈してしまう、というようなことが頻繁に起きてしまう書き手が、好きだ、という言いかたも思いついた。特別性の称賛、を向けているところがあると思う。相性がよい、という言いかたも思う。
▼▼リンク集を構築してみようかな、と最近少し思うことがあるけれど、今回の思考を経由して、リンク集の軸はここにするのがよさそうかな、って思ったりもした。
▼▼精神イメージや人生イメージを使った「扱いかたの話」について言うと、動詞部分が異質で独特、って思ってることが多いかも、というのも思いついた。
▼▼じぶんにとって「珍しいイメージ」が使われている文章の出逢うと、使われているイメージの違いによって、わりと「動詞」が見慣れないものになっている──じぶんとしては比較的珍しい動詞単語が選ばれている、ことが多い気がしたのであった。で、動詞の珍しさから、新たな切り口、を妄想し始められていることが多い、気がする。おお! って驚いてることが多いな、って思った。