人生クラスタ

▼▼人生というものを題材にして言葉を話すことのよいところは、人生クラスタじゃない人が(おそらく、ほとんど)いないところだ、なんてふうに思っているみたいだなー、と自覚した。注釈をあまり気にしないで話せるからよい、とか思っている。▼▼言い換えるなら、注釈の分量や適量に対する意識がけっこう重いのだろう(軽視できる、ってふうに思えた時の気楽さや気軽さに関する恩恵がおおきい)。
▼▼当該要素を軽視できる、ということの恩恵のおおきさ(なんとなく気にしてしまう癖があるので、気にしないでよいと思える空間だからこそ得られる、自由奔放さ、言葉や躰の軽さ)、っていう視点論点、けっこう楽しそうだな、というふうに思考が派生もした。