実感、思考の経過、思考の成果、といった言語化種別

▼▼一口に、言語化するとか言語化するのが好きだとか言っても、感じていることを言葉にしようとするのと、思考プロセスおよびアウトプットを言葉にしようとするのは、別かねえ、と思った、し、思考のプロセスとアウトプットも別枠に出来るか、とも思った(感じていることを言葉にすることの快楽と、思考プロセスを言葉にすることの快楽と、思考のアウトプットを言葉にすることの快楽、は、ひとによって重きが違いそう)