じぶんにとっての、じぶんの長所

▼▼嫌いだ、っていう言葉をあんまり使わない習性がある。数日前の日記に「嫌い」って書いたので、けっこうな新鮮さを覚えた。好きだ、っていう言葉を使いすぎ、って自覚させられることも多い。▼▼言葉を書き始めた時に「××が好きだ」って言葉が脳内に出現してくれることが多くて、お、またか、って思ったり、よくする。
▼▼嫌いなものの話より好きなものの話のほうが楽しめる文章になる――何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ――嫌いと好きは等価じゃない――何かを批判するなら自らも批判を受ける覚悟をせよ、等々を踏まえたことによる理性的指針ではなくて、何となくの習慣だったりする、するけど――するので、だからよい、と思えていたりもする。何となくできる、のは、よいことなんじゃないかなー。
▼▼よい感じ、楽しい感じ、愉快な感じ、素敵な感じ、を、自然体で「何となく」出せている箇所、には、着目しておいたほうがよいだろう、とは思っている。自覚できていたほうがよさそうだ、って印象がある。至極フツーにしているだけでじぶんの望み通りのことが出来ているように思えるところ、を、認識できているってことが、精神や思考に与えてくれる効能って、おおきそう。
▼▼じぶんにとっての、じぶんの長所、と言えるかな。