絶対に一文で区切る

▼▼説明をする時には、文章ごとにブツ切りにしたほうが、判りやすい、というか、言いやすい。文章と文章を繋げるようにして口にしているあいだに、文章の繋げかた、形、に混乱が起きてきて、主語述語がねじれ始めたり接続詞がおかしくなり始めたりする。だからまあ、多少、変テコであっても、言い切るのを続けたほうが、マシ。といった助言や指針を、けっこうひさしぶりに意識したし話した、という日であった。××なので、××ですが、っていうあたりが強敵だなー、と認識している。理由と帰結といった形式に当て嵌めることで文章が勝手に繋がっていってしまうのと、本文と注釈という形式に当て嵌めることで文章が自動的に繋がっていってしまうのが、続いていくことによって、結果、おかしな形、に積み上がっていってしまう印象だ。繋がりすぎて形を制御できなくなる。
▼▼以前、絶対に一文で区切る、と決めて日記を書いていたことがあった。比較的好きな日記が書けていたかと思う。最近は、リズムのようなものを意識していて、区切る、ということの優先順位は、多少、下げている。接続詞で繋げることで文章が発する音韻リズムと意味リズムを整えるような遊びはしている。絶対に一文で区切る、も、とはいえ時々はしたくなる。好きだ。