ぜんぜん新しい切り口開拓できない日、たまにある

▼▼あ、よく考えたら世界ってこうなってるじゃん!とか、お、よく見たらじぶんの中にこんな動きあるのか!とか、を、日記に書きたがっているので、このあたりに関わる心の挙動には敏感なつもりなのだけど、こういった新鮮な切り口にまるで気づけてない、世界やじぶんに対する目新しさが記憶にも印象にも一つも残ってない、日、っていうのが時々あって、習慣頼りというか惰性じみてるというか、あーあ、普段通りの思考だけで今日をこなしてしまったぜ、なんて思ったりしている。新たな眼差しを意識して模索してないとこんなにも同じ目線でばかり世界を眺める羽目になるんだな、と驚く。▼▼けどまあ、人間にとって休肝日がよいものなら、休頭日もよいものなのかもだし、本日は休養を取りましたー、ってふうに満足を覚えられてればそれでよい気もする。勝手に駄目とか判断して不満覚えてストレスを蓄積させてる型、よりは、明らかマシだろう。