雑感におもしろげな言い回しをぶつけるだけのお仕事(閃きの源泉)

▼▼観念系日記を書く人は日記の題が地味だしツマラナイ、ので、例外的にうまい人を見つけると幸せだ、なんて言えるような……、と発想してみて、いやこれ嘘すぎるぞ、と撤回した。即座に反証が見つけられて思考も即刻終局した。▼▼観念系だけど題名が素敵と言える日記が実際の観測範囲内にある、し、観念系とか地味とかって言葉が示すところも曖昧すぎるし、雑すぎる嘘すぎる発想だろ……、と苦い顔になった。
▼▼ぼんやりした雑な視線ながら、けれど馴染んでる視線、に対して、比較的キャッチーな言葉(しかもこれはこれで先入観にまみれてる)を、カウンター決めるような形でぶつけてみて、いやぜんぜん違うだろ……、って却下する思考の流れ、よくやってる。
▼▼が、閃きの源泉ってこういうものな気もした。
▼▼常套句が変なところに突然くっつく、というような頭の動きが時々あって、珍しい言葉の並びが新たな切り口に見えたりもするので、わりと楽しく言葉遊び的な試行錯誤を初めてみたりもする、のだけど、おおむね、これ勘違いじゃん……! というツッコミを喰らって終わる。破綻が見えてきて思考が終息する。▼▼が、数回に一回くらいは、普段から持ってた「認識のズレ」のようなところに綺麗に嵌まってくれて、おかげで致命的な反撃を喰らうことなく生き残ってくれたりもして、結果として、鋭い閃き、と呼ばれるような出世を迎えるようなこともあるのだった。