読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり考えない時の言葉

雑談記

▼▼眼前の人物と実際に話しているような状況だと、あまり悠長に考え続けているわけにはいかないし、静かに黙りこくっているわけにもいかないし、というようなところが多少はあって、結果として、瑕疵のない文章を追求すべく、理想の答えを待ち、推敲や校正に時間をかけて書き直しを繰り返していく、というようなやりかたとは、言葉の出てきかたや出てくる言葉、が、いくらか変わる。言葉使いが変わる。▼▼といった言葉もうまく活かしていかないと人生は成り行かないんだろうな、ということを、最近は改めて思ったりした。時間をかけて選んだ言葉ばかりで生きていくのは難しそう、というか。


▼▼前述のような、実践的、生活的、ライブ的、な、言葉、というものを改めて大切に見つめてみる習慣ができて、日記を書く時間も少し減った気がしている。偶然掴んだ言葉や偶然捕まれてしまった言葉を大切にしていて、まあつまり、あんまり書き直さないようにし始めたからだ。すぐ捨てないで使えないか考えるようになった。別にどちらがよいとか正しいとか、ないとは思う。好き嫌いも向き不向きもあるだろう。おのおの試してみてじぶんに向いているのを探してみるのがよいのかな、という雰囲気で、今は動いている。