いつもびくびくしている(いつも油断しない)

▼▼油断しないように、油断してしまった、というような言葉を書きがちなところは多くあったのだけど、煎じ詰めると、このあたり、じぶんに対する不信を「崇め」ているような雰囲気になるな、と思えてきたので、取り扱い難しいぞ、って思った。
▼▼怖がってびくびくする意識や精神を、無意識に崇高なものだと判断し、推奨している雰囲気、よくない可能性がある、とは思っておいてよさそう。
▼▼とはいえ、じぶんに対する不信ばっかり持っていて常にびくびくしている面、人格一つ、があるのは、よいのかも、とも思う。全面的じゃないならよい気もする。