難しいところとか言ってサボる口実つくるよりは、勝手に当て込む攻めかた

▼▼言葉の意味や論理面とは違う聞いた時に浮かぶイメージみたいなやつ、について昨日の日記に書いたけど、調べればある程度はわかるような話題、間違いなく研究されている問題、だと思うので、流石に、こういう「じぶんでも車輪の再発明っぽいのがわかってるのにゼロベースで考えようとしちゃう」みたいなのやめてもよいのでは、って思った。とはいえ、一回じぶんの中で一から考えて消化しておくことで理解しやすくなる、無駄足や二度手間に思えても意外と加速ついたりして結果的に早く終わる、あたりの切り口で見つめることも可能だろうし、ま、難しいところ、というか、じぶんの中での「あ、これ二度手間だわ」とか「ここでウダウダやってても意味ないかも、ちゃんと調べよ」とか思ったら、これらを無視しないようにしとけばよい、って気もした。これって良し悪しだね、という問題があると、良し悪しの隙間を縫うようにして目を盗むようにして手抜きやサボりに向かいがち、なところがあるので、こんなのを許すくらいなら、自分勝手に良し悪し判断してそれにちゃんと従っておけ、って思ったのだった。