読みやすさ二種類

▼▼短文ぶった切り的なことによって出てくる読みやすさ、って、情報量の見た目とか切れ目、情報が入ってくる量(情報が頭に入力されるテンポやリズム?)による読みやすさ、で、長文でもテンポやリズムがよくて読みやすい、っていう時の読みやすさは、目の動きとか躰の動き、音読的な印象(頭の中に響く音)による読みやすさ、なのかなー(あ、もしかして、黙読しながらも脳内で音読している/していない、によって、文章のテンポやリズム、の話って印象や事態が変わったりするのかな?)(うーん、情報が入ってくるテンポやリズム、と、読みながらの脳内音読のリズムやテンポ、の話って、結局重なってくるところあるような……)、なんて考えた。