読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よいもの想定派と悪いもの想定派の賛否両論

▼▼この事柄に関しては賛否両論あるなあ、とか思っているような時に、賛辞側は「とはいえ時々ある出来の悪いやつは嫌いだけどね……」って思っていて、否定側は「とはいえ時々ある出来のよいやつは素敵だけども……」って思っているようなことがあって──
▼▼賛否両論的な問題、ってよりは、出来のよいものを想定しがちな人、出来の悪いものを想定しがちな人、つまりは、出来のよいもの悪いものとの遭遇率の違い、あと、実際にある「出来のよいもの」と「出来の悪いもの」の比率(ゆえに遭遇率も変わる……)、的な事柄が問題化しているだけだったりもするんだろうな、って思った。