××やってみた、の検索相性

▼▼○○な××が□□やってみた、というような、あらすじ的な説明文をそのまんま単純かつ安易に題名として掲げてみました、といったやりかたがあって、まあまあいくらかの賛否両論というか悲喜交々というか、ケースバイケース問題を引き起こしているかと思うのだけど、ウェブでの単語検索によって、ある状況、ある場合、についての行動レポートや感想文を見つけたく思った時のことを踏まえて考えてみたら、あらすじ的な説明文をおおきく掲げてもらっているのは、むしろよいことなのかもな、と今回思ったりした(少し複雑な状況に関する、誰かの実例や実感、的なものを探してみようとして、素直に、当該事象に関係する単語で検索してみたら、単なるまとめとか辞書とかが出てきちゃって、困っていた、のだけど、その後、××をやってみた的な題名が、うまいこと、行動レポート的日記に繋がる架け橋になってくれたところがあって、うーん、なるほどね、と思ったのであった)。