プロセスを復帰させますか(親切)

▼▼優しくしよう、というか、親切にしよう、というような気持ちが、もっと自然かつ緩やかに出せている時期が──あるいは、今よりもっと多く出せている時期が、あった、と記憶していて、妙に強くそのあたりのことを意識させられる状況が、今日はあった。そうか、昔はこういう雰囲気で出せていたんだっけ、と思い出せる瞬間があった。以前は、なんというか、もっと打算がなかったというか無邪気だったというか、あと、盲信とか妄想とかが強めだったというか、まあ、なんにせよ、意識や認識に違いがあった気がする。失敗や無駄や逆効果なんかを想起させてくる経験則などがぜんぜんなかったから、なんてふうに言えるところもあったりするかと思う。昨今だと、まあ、打算も邪気も(以前と比較したら、かなり)持つようになってしまっていて、盲信とか妄想とかも、かなり弱まってしまったんじゃないかと思えるのだけど、でも、言うなれば「エミュレート」のような形式や手順で、ほぼ同じ効果のプロセスを再現することはできそうだ、って、今日は思ったのだった。ビビりを呼び覚ます経験則に関しても、あんまり見ないようにする術がありそうじゃん──横目や薄目が、可能なんじゃなかろうか、って思えてきた。なんかまあ、現状なりの再現方法がありそう、と思えた。
▼▼親切や優しさってほんと難しいな、とは思うようになって、出しかた変えよう、出すところ変えよう、出すか出さないかは逐次検討しましょう(でもって、考えるのが面倒で出さないことを選んでしまう……)、というようなことも数多く考えるようになって、結果として、出しづらくなってしまっていた。出さない癖がついてしまっていた。出す出さないという選択肢を見ようとする機会も意志も弱くなってしまっていた。というような事柄に関して、現状を踏まえつつも改めて検討させてくれるような状況、が、今日、ほんとうに偶然にも訪れてくれて、うーん、まあでも、前みたいなやりかたでも、とりあえず行けそうなんかなあ、と思い直せたのだった。確かに以前は浅はかな思考や検討で実践してしまっていたけれど、でもまあ、駄目ではなさそうだったし、現状でもまあ、いちおうの効果は期待ができそう、やってみてもよさそう、って判断できた。あのプロセスをまた復帰させてもよい、って思えた。手持ちの部品で現状なりのプロセスを構築できそう、とも思えた。