WEB日記が身近なだけ

▼▼日記書き、という自意識があるわけでもないかと思うのだけど、憧れの日記を読みつつ、こういうの書きたいぞ、と悔しがっていることはけっこう多いので、日記に対する矜恃とか価値とか好意とかがおおきめなのは間違いないな、と思った(けどまあ、触れる時間が多い(継続的にやってきたことで、環境的に、触れる時間が多くなるような生活形態になっている)せいで親近感がおおきめで距離感が近めなだけ、という気もした)(日記に憧れている、っていう情景は、なんか好きである)。