判る判らない話、にしないほうがよかった

▼▼判る判らない話、を手癖のように書いてる時があって、けどこの話は判る判らない話に仕立てないほうがよかったな、って、途中から後悔っぽい気持ちが湧いてくることも時折あったりする。判断や理解、実感、が届いてる範囲での話、をし始めたら、安全圏で書けるもの、しか書けなくなっちゃうじゃん、って雰囲気がありそうなのだよなー。判る判らないにおける安定と混乱の解説ばかりになって──把握と未把握の解説をしておくことが安全だと判断しちゃって、結局、画一的になっちゃう、とも言える。