歌を聞いた

▼▼ひさしぶりに集中して歌声を聴く瞬間があって、うーん、歌ってよいな、やっぱりよいものだ、と考えていた。歌手が歌う姿を生で見つめていた。▼▼歌、音楽によって、世界の──認識の、ムード、風情、たたずまい、が変わる。というか、ムード変更のスイッチとして使っているところがある。こういう扱いかたでよいのかな、と思うことはけっこうあって、こういう扱いかたが主である、こういう扱いかたしか知らない、というような前提の中で、歌が好き、音楽が好き、と言ってよいんだろうか……、と思っていたりもするところもあったりする。迷う。怖がる。でもまあ、誰にも判らないんだろうけど、とも思う。歌の正しい使いかたを誰に聞けるんだ、とは思う。▼▼愛と勇気と希望、でもって絶望の歌が好きなのは(歌の中にある愛と勇気と希望、絶望が好きなのは)まあ、変わらないな。