読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘つき門番の四月一日

▼▼二つの門(天国と地獄に繋がっている設定だった気がする)が立ち塞がっていて、それぞれの門の前に門番がいて、どちらかが「絶対に嘘をつく門番」でどちらかが「絶対に正解を答える門番」である時、正解の門(天国につながる門)がどちらであるかを知るために、一つだけ問えるとしたら、何を問うか、という問題があるけれど(最初にこのなぞなぞ(なぞなぞか?)を聞いた時、感動したなー)、こういった空気、こういった構造、を活かして、四月一日に漂う嘘的な空気を乗りこなしてみせる、のが、わりと楽しそうかな、って思った。