敬意や好意で疑い順を変える

▼▼敬意や好意が強くあると、敬愛相手とじぶんの間に認識ズレを見つけた時、じぶん側に問題があるんじゃないか、って疑う順番になるので、よい、と改めて思った。疑い順の並び替えによって理解の幅が拡がることは極めて多い。ほんとなんとなーく意味もなく避けちゃってるー、って壁の突破術として優れている。師匠的外部性の素敵さだ。盲信と紙一重とか媚びと紙一重とかあるにせよよいのだ、って思った。