直感や実感は気分と同等っぽい認識

▼▼「直感や実感」に従う──軽んじない──大切にする、といった指針があるけれど、「直感や実感」は「気分」とほぼ同じものではないかと思っているところがあって、気分に従う、気分に左右される、ということだと思っているところもある。考える──理屈を使う、という行為は、「気分」と距離を取る、ということだと思っていたりもして、これを裏返すと、「直感や実感」から距離を取る、ってことにもなってしまうわけだけど、「直感や実感」から距離を取り、このあたりとの間柄が素っ気なくなりいくらか冷え込んでしまうとしても、「気分」から離れる、のは、まあ大切かな、と思っていたりする。「気分」を所詮は気分である、と断じ、つまりまあ、多少は軽んじていることになるとは思うけれど、言うなれば優先順位を下げて、気分だけではないようにする、というやりかたが好きだ。ぼくの好きな世界観と言える。