疲れと忙しさ(疲れも忙しさも、今日は特になく)

▼▼過剰な疲れと程よい疲れの境目が不明だ。気分によって変わるだろう、とも思ってるけれど、気分の問題じゃない範囲だって当然あるだろう。気分の問題という言葉では済ませられないところにまで足を踏み入れた時に「ここまで来たら気分の問題じゃないぞ」と判断できるか不明、って話でもあるかな……。不安が残って用心してしまう。
▼▼忙しいのはあんまり好きじゃないかと思う。けど、忙しさに対処することに燃えるほうではあるので、結局のところ、わりと相殺できている。まあでも「好きじゃない」という気持ちは持ってしまっているので──苛立ちや怒りの萌芽のようなものは少しあったりしてるので、忙しさに対して「好き」とか「嫌い」とか逐一言うことなく、素直に「今は忙しいほうがよい」と言える時には「よい」と言っちゃえる、ような人物が職務の空間内にいてくれるのは、ありがたいことだ、というようなことを考えていた。
▼▼じぶんと異なる目線からの台詞がさらっと耳に入ってくる環境って好き、と思った。