当然的善行

▼▼そうするのは当然じゃん、やるのが当たり前じゃん、といった顔立ちと発語のもとで実行される善行および善意、が気になってしまい考え始めてしまうところがあって、思考の初手の段階では、浅慮による「異なる側面や異なる文脈や異なる状況に対しての、目の向けていなさ、見ていなさ、つまり、別形態に関する考慮していなさ」によって、言えているのではないか? 言えるような精神構造が成立しているのではないか? なんていうふうに考えてしまったのだけど、いやでも、結局は性格の問題なんじゃないかなー(様々なケースをしっかり見つめて、絶対に正しい、とは断言しづらくなっていたとしても、とはいえ、言える性格の人は言えるんじゃないの?)、そして決意と覚悟の問題とも言える気がする(というか決意できて覚悟できるかどうかがむしろ性格の範疇?)、世界観や思想、環境、の問題がおおきいような気もするし(決意と覚悟まで辿り着ける背景および状況があるかどうか……)、というふうにも思えてきて、混乱し始めた、し、脳内がぜんぜん落ち着かなくて、まだまだ整理中だったりもする。