手前のほうの発想は舐めがち

▼▼沢山の論理的手続きを踏むことで歩むことのできる遠さによる難路、と、数多くの情報を持ち寄ることで情報の隙間に見つけることのできる細さによる難路、が、なんとなく気持ちよくて好きだ、好きなんだろうな、って思った。逆に、論理的手続きが手軽で、情報力も少なく済む、近めの道は、舐めていて、甘く見積もっている気配がある。
▼▼人様に話を面白がっている時も、この「距離の遠さ」の気持ちよさによって面白さを変動させている気がする。
▼▼見慣れぬ切り口、見慣れぬ断片、見慣れぬ角度、といった面白さもあるじゃん、って思ったのだけど、この「見慣れぬ側面」についても、いちおう「遠い」とは言えるんじゃなかろうか、と思った。気づきにくい横道の向こう側も遠いところではある。