読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特効薬手抜き(を嫌う場)

▼▼明日やろう次やるだろう、が、ずっと続いている。と書くことによって直ることを期待しても、たいていは無駄だ。とはいえ、だから書かないほうがよい、なので書くのは駄目、ということでもなさそう、と認識してもいる。▼▼節目と言える季節なので、継続させている精神(継続させないてもよいのでは、と思っているのに継続しているところ)にフォーカスが向いた、という印象はあるかな。▼▼特効薬を期待された言葉、と、一助や一手として置かれた言葉、というふうに認識して、後者が好きなのである、って書きたくなったのだけど、なぜ好きなのかなー、と思ってみてから、けっこう迷った。安易な一つの答えで解決できる、と期待してしまうことの背後から匂ってくる手抜きの薫りが嫌いなのかなー、という疑問も立ててた。しかし「手抜き」すべてが嫌いなのか?と問われると、迷うところはある。ここには手抜きしないでよ、と思ってしまいがちな場が、ある気がする。どういう種類の場に対して、手抜きしないで欲しいと思っているのだろう。何に手抜きしないで欲しがっているんだろう。手抜きを排除することでそこに何が出来ると夢見ているんだろう。というあたりを考えた。