思考の始めかたがあいかわらずいっつもワカラナイ

▼▼思考中の動かしかたとか流しかた、受け止めかた、あたりのコツは多少掴めてる印象があるけど、思考の始めかたのコツ、がぜんぜん掴めてない気がしてる。
▼▼書き出しは誰もが悩むね、って話は頻繁に聞くし、ここのコツって、単に、人間の頭脳にとっては難度が高いものなのだ、ってことなのかなー? あるいはコツすら掴みようのない人間の理解を超えた領域? あるいは人による──よりすぎるせい? 
▼▼思考のスタート地点や、向き、走らせかた、あたりが似てると、同じようなことばっかり考え抜いちゃう羽目になりそうだから、ワンパターンな思考を避けようとして、違う起動方法や初期設定を試したがってしまう、無意識に試してる、とかかな?
▼▼解釈が複数思いつけて何とでも比喩できる気がしてきたし、何とでも比喩できる状況はわりと好きなのだった。細かく正確に説明しようとしたら面倒だけど、脳内でコロコロ転がしているのはだいぶ楽しいな。