手間と質のバランス、語りうる?

▼▼手間と質のバランスやトレードオフの話、って困難だなあ、と改めて思った。手間と質に関する「人類にとってのほんとうに正当で妥当な比率」なんて、実際のところなさそうだし、結果的に、じぶんのやりかたがよいと言ってみせるのも、誰かの/君のやりかたがよいと思うって褒めてみたり羨ましがってみたりするのも、あっさり至極簡単に、説明不足に陥っちゃう──異論の余地がすぐ出る──言語的防御力、低すぎる。▼▼数学がこのあたりを多少はなんとかしてくれてるっぽいの、多少、救いがあるけど……。