程度問題、って言いかたをしてよいと知った日の驚きをまだ憶えてる

▼▼物事の理解のしかたを一歩一歩進めてきた、って印象は残っている。変えてこれた認識とぜんぜん変わっちゃった認識、が、漠然とあるのだった。程度問題、っていう言い回しを知り、使える、と気づいたあとって、実際に見かたが変わったもんなー。これはでも程度問題なんじゃないの……? ってすぐさまツッコめるようになることで、世界観が明らか変わった。不安定さが減った、って言いかたもできるだろう。
▼▼っていうような世界に対する仮説や理屈に関する「気づき」が、毎日毎日、少しずつ混ざっていって、眼差しが変わっていったんだろう。けどまあ、ほんとうに「少しずつ沢山」なので──混乱するほど些細かつ大量なので、改めて検討して細かく洗い上げていこう、って試行してみるのは、やっぱり無謀かな……。▼▼驚くほど馴染んでしまった、むしろもうビタイチ驚けないほど組み込めてしまった、観点、結構ありそうだし。