読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端的な形で褒めていて最大効果を発揮してる文章が、好きだ(じぶんでも書いてみたい欲もあるし、その効果を感じた時の感覚も好き)

思考記

▼▼わずかな言葉の端々から大好きという気持ちが匂ってくるきているような時と、わずかな言葉ではあるけれどその言葉が向けられること自体が大讃辞じゃんっていう時と、端的な言葉ではあるけどきっとそれはほんとうに「よい」ものなのだろうなー、っていうことが予感できるような場面って、二つに区分できるのかも、って思った。細かい単語選びなんかの向こうに好意が見える時と、直接そうは言ってないけど意味を解釈してみるとスゴイこと言ってんなという時、というような区分けだ。