読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対的な正しさなんてない、という言葉が言えるのは、他人の心を認めてるから、というのはありそう(他人の心を認めない、とは)

思考記 雑談記

▼▼絶対の正しさなんてない、人生の唯一解はない、ということについては、人それぞれ価値観が違うのでたった一つの解答が万人受けすることがない、っていうのと、まったく誤謬のない完璧な人生の解答を人間が出してみせるのは不可能なくらい困難、っていうのの、二つの難点があるのだろうな、って思って、前者の難点については、他人に心を認めない/他人の心を尊重しない、という切り口で無化することが、可能では? と、少しだけ思った。
▼▼他人の心を無視する、ってどういうことなんだろうなー、とも思う。▼▼他人を自然現象みたいなものとして扱う、っていうことなのかな、って思ったりもした。
▼▼他人の中に、おのれのものと同じような心、思考、感覚、を認めない場合、他人というのは、まったく予測できない謎の物体として立ち顕れるのか?とも思った。いや、天気予報くらいには予測ができる? しかし、その予測に、じぶんの心と類似したもの、を、使ってみせるのか?(なのに、その心っぽさを、似てることを、無視する?)