この言葉の対義語ってこれしかないのー? 的な単語の足りなさ

▼▼対義語を探す時に、対象の言葉の頭に「否定の接頭辞」である非とか不とか未とか付けたのしか結局ないことがあって、言語ってほんと用意甘い……、って思ったりする。
▼▼スラングあたりも含めた諸々の新単語の発生も、このあたり踏まえるとまあアリなのかなとは思った。▼▼難点として思うのは、新単語の発生っておおむねこういう隙間を埋めるような誕生させかたじゃない気がする、ところかな。変なところに(現状の言葉を少しズラそうとした意図、のようなところに)発生して、結果的に、運よく、空いていた隙間が埋まるよう動いてく、ってことはありそうだけど。