正しさの代わりに

▼▼正しさ、といった言葉はあんまり使わずに、おすすめ、好き、あたりの言葉でやりくりしていきたい、という希望がある。