このあたりはこういう感じなので好きだ/嫌いだ、っていうすくいあげかた、範囲が雑なことがある

▼▼実際に経験した出来事から、一般論じみた結論をすくいあげる時に、「あんまり関係ないところ」まで、ひとまとめに引き出してきてしまい、謎のおおきさの範囲で、好んだり、嫌ったり、してしまっていることが、ある。坊主が憎い、といった経験則の中に、袈裟のことまで混ぜてしまっているようなことがある。謎の効果範囲を決めて感情や感覚を適用してしまっていることがある。
▼▼この「変な混ぜかた」でツラくなっているのが嫌いだ。変なもの混ぜないで、とじぶんに語っていることも多々ある。切断しよう制御しよう、とも謳いがちだ。


▼▼でも、切断や調整にはけっこうな「器用さ」が要るんじゃないかなー、と思うこともあって、誰でも可能な処理ではないのでは、と、想像していたりもする。誰に対してでも軽々しく「切断しなよ」「制御しなよ」と言えることではないのではないか、って疑っていたりもする。▼▼というか、誰かに指摘なり意見なり助言なり、余計なことを言ったりした時に、いやそんな器用なことできないよー、って言われたら、なんにも言えなくなっちゃいそうだなー、という不安があるのだった。


▼▼といった問題まわりのことを考えているうちに、この現象とこの事象は関係ない、この出来事とこの事柄は関係ない、というふうに「関係、無し」と言ってのける「切断」というのは、滅茶苦茶、強気な思考プロセスだな、って思えるようになってきた。びっくりするくらい強烈な判断なのではないかと気づいた。関係ないじゃん、という台詞を、わりと頻繁に言ってしまっているのだけれど、真剣にこの「関係なさ」と向き合うと、言える瞬間、すごく減りそう、死ぬほどシビアそう、って思い直せてきた。関係ない物事なんてそうそうありますかね?とか思った。
▼▼さまざまな「関係あるなし」の判定が、世界観をおおきく変えてくるはずなので、あんまり軽佻浮薄にあつかうんじゃないよー、というようなことを思ったのだった。