好き好き大好き超愛してる

▼▼まるで憶えてないけどほんとうに好きだった言葉が、ネット上にいくらでもあると思う。眼前に突き付けてくれたら、突き付けてくれる何かを発掘することができたら、要するに昔のブックマークのリストでも出てきてくれたら、ほんとうに感激するように喜んだりするだろう。まあ、昔のブックマークのリスト、あるけど。あるので、漁れば、涙を流したくなるくらいの歓喜を呼び起こせると思う。ほぼ間違いなくできるはずだ。それだけの、人との、言葉との、出逢いが、一杯あった。あったことだけは憶えている。そしてこれからもあるだろう。
▼▼特別好きな言葉を書く人たちがけっこういる。最近このあたりをかすめる言葉を沢山書いてる気がする。検閲を薄くして言葉を出しまくると、普段、押しつけがましさとかなんかいろいろを考えて抑えている好き好きな気持ちが前に出てきすぎてしまうのだな。ということを言語化することによって、それを自覚してますよと反省してみせることによって、むしろ前に出してる、みたいな画策も、あるしなあ。こういうめんどくさい好意の有り様みたいなのをむしろ好んでる向きも、あるしね……。まあ性分というやつか(そして性分とか言って自己完結させて、まあまあよい、みたいな雰囲気を捏造しようとしてるだけな気もする……)(とか言いまくる感じ、とりあえず自己嫌悪丸出しでどうにかしようとする感じも、駄目っぽいねえ)(切りが無い)。これを機に、というか、この機に乗じて、ほんと好きなんすよねー、っていうことを遠回しに伝えようと画策してる風味もあるしねえ……。難儀だ。
▼▼けっこう昔の言葉をあさることをする。この人がソーシャルブックマークしている記事はよいものばかりだよねえ、みたいな人が時々いて(あるいはすでにそのひとの追っかけみたいになっているところもあって)、そういった人の選別してきた文章を眺めていって、好きな言葉にどんどん出逢い続ける、みたいな遊びもよくする。すごく楽しい。過去に沈んだ言葉、という特別さも拍車をかける。今じぶんだけが見ているのかも、という特別さは好きだ。
▼▼インターネット上にはインターネット以前の情報は少ないし、はてなブックマーク上にははてなブックマーク以前の情報が少ない。というのは、悲しい。というか、もったいなくて、うえー、ってなる。まだまだ未知のおもしろさが、しかもすでに手の届かないところに、ある、ってことが、悔しくなる。ほんとね、じぶんの手の届かないところにおもしろいものがある、っていうのが、嫌いすぎる。昔から嫌いだもんな……。楽しそうな場に呼ばれないの、すごく嫌だった。ぜんぶ知りたい。ぜんぶ欲しい。無理だって理屈が前提化されるようになってきてるけど、それでも、やっぱり、そのあたりに対する我がままさが残っている。
▼▼人格の根源って、無理だと判ってもなお欲する、みたいなワガママ、自己中心的、横暴さ、あたりにある、と言えるような気もする。言えないような気もする(断言したらだいたい逆側も言える気はするから性格の問題だろ)
▼▼好意は伝わってるんすかねー。伝えてよいかいまだに迷ってる(そうでもない文章を前日に書いてませんでしたっけ……)。伝えたいのかもよくわからない、みたいなところもあるんすよね。あと、昨年あたりからネットごしの人に会うこともあんまり厭わなくなった、と思ってるところがあるわけだけど、直接顔を合わせているなら好意や敬意を伝えてよい、って思ってるところがあるよな……。その世界観はなんだ、という気もする。顔を合わせてれば誤解なんてないとでも? あるいは、顔を合わせて伝えたなら誤解されてもよいのだと? もしくは、顔を合わせてるか合わせてないで誤解の質が変わる?みたいなことを思っているのかなあ?
▼▼根源的には、好意なんて伝えまくってしまえばよい、と思っていると思う。伝わらないのは意味がないというか、伝わりまくったほうが確率論的によさそうな感覚があるだけというか、ただそのほうがおもしろそうだから(おもしろそうな未来がシミュレートできてるから)、雑にそう思ってるだけ、というか、そんな感じもあるけれど、わーすきだー、っていうのは、言ったほうがよい気はしてる。その無邪気さが、逆に、抑制を呼んでいる、ってところもありそうだな。
▼▼好意表明といえば、じぶんの好きな日記、ブログ、というあたりを表明するの、まあまあ避けてたところがあるんだけど(迷惑なのでは、という感覚がけっこう強くあった。まあ今も思うことではあるんだけど)、最近の風潮としてはアリなのかね、っていうのを思うのと(これが昨日の日記でそもそも書きたかった話っぽいな)、同時に、すでに消えてしまったところの名前を挙げるのはアリなんじゃないか、っていうのを思った。