好き贔屓

▼▼なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか、っていう嗜好の深掘りの話が好きだ。なぜ嫌いなのか、ということを突き詰めていくうちに、勘違いや筋違いに気づいて──認識できるようになって、最終的に、わりと好きになってしまう/思いのほか好きになってしまう/妙に好きになってしまう、というような現象も好きなのだけれど、こういった現象に関しては、逆のほう(結果的に、なんとなく嫌いになってしまう型)は、ぜんぜん好きじゃないので、好きなのが好きなために好きを贔屓しているぞ、と言えるところがあって、だからまあ、あんまり公言するようなことでもないのかな、って思ったりすることもある。
▼▼と考えていたところ、じゃあ依怙贔屓はすべて秘されるべきなのか?という問いが飛び出してきて──、まあ、こういう「問いかけ」を抱いたら、抱いた時点で、いやそんなことはありませんよ、と答えたくなる性分であり、今回もまた、いやそんなことはありません、と、結論するに至ったのだけれど……(とはいえ、時々は、いやいやそりゃそうでしょ、妥当でしょ、そこをいちいちわざわざツッコむのはちょっと手癖が過ぎるだろ、と結論できることもある)。


▼▼好き嫌いを深掘りするような話、議論討論、によって、好きという気持ちが──楽しさや面白さ、満足が、結局は増えちゃうんじゃないか、って、信じているところがあるよなー。信仰と信奉、経験則、期待および楽観の話になるかな。