負担が増えて、簡略化する時に、ただすかすかにしちゃう癖

▼▼文章を書くことに対する気楽さ気軽さが少し増しつつある。けど同時に、言葉選びに関する吟味が甘くもなっているのも感じる。気楽さ気軽さと、油断や手抜きは、違う、と改めて認識しておこうと思った。重荷を背負わされた時、浅慮に肉抜きしてすかすかするのと、要点重点を意識し絞りながら軽量化するのは、違う、んだよー、と言っておく。
▼▼ってあたりのことは、言葉にするたびに、当然だろ……? って匂いが滅茶苦茶する話題だとは思えていて、毎回宣言することにすら躊躇を覚えるくらいなのだけど、ほんとうに、経験として、じぶんは、このあたりの認識が苦手というか、下手、であり、もうマジいくら言っても微妙に直らないよねえ──結局はすぐ忘れちゃうしさあ、というところがあるので、だからまあ、切りがないほど言ってみせるくらいでよいだろ、なんて思うことも多々あって、回数問わず書くべし、と、少し強めに決めていたりもするのだった。
▼▼無闇矢鱈に削ってすかすかにする、っていうのと、幹や根となるところに気を配りながら軽量化する、っていうのの、区別がついてない頃があって──丁寧に分別を意識してない頃があって、この頃に、無闇矢鱈に削っておけば耐えられるじゃん! っていう成功意識を刻みつけ過ぎちゃった、のだよなー、というような苦手意識があるのだった。変な癖がついてしまった。だから、いまだに、おおきな負荷がかかると、短慮かつ暴力的に物事の中身を削り取り、すかすかにしてしまい、ぼろぼろになって、短期的には回せても長期的には回せなくなる、というような状況を喰らうことが、まあ、稀にある。