すべての描写に含みがある

▼▼ある描写があった時に、その描写があったならこれが起きているはずである、っていう推測が可能だったりはする。実際に推理小説とかであとから伏線的に話題にされるようなこともある。こういった「別の側面を読み取ろうとする」ことが、小説の全描写文章に適用可能ではあるな、って思った。すべての描写に対し、含みがあるかのように、深読みしてみせる、ことが、可能だろう。▼▼っていうふうに小説を見つめたら、ものすごく深いというか濃いというか、変な意味のかたまり、みたいに見えてきたので、笑った。