相互対立と中庸と両極とワガママ

▼▼実は相互対立的じゃない二択については、いや両方やろうよ、って思いがちだし、相互対立的であっても、それはそれとしてバランス取ってやっていこうよー、というような回答を出しがちだ。中庸が好きだ、って思っている。あるいは、中庸を気取っている。と言えると思うんだけど、実際、ちゃんと頭の中を見てみると、両極を同時に行なえ、あるいは、ものすごく高速に行き来して両方を体現せよ、しようぜ、みたいなことを思っているところ、かなりあるのだよなー。▼▼結果として、言葉のうえでは「中庸」になってるけれど、なんか、実は、どっちも諦めてない、どちらも欲している、ワガママ性根を抑えられていないし、駄々をこね続けてる精神がある、というようなことを思ったのだった。
▼▼という状況の上で、言葉を出すと、中庸風味の匂いが出てきがちなのだ。そして、こうして書いてても、ぜんぜん、そこを、矯正しよう、みたいなことは思えてなかったりはする……。(矯正しようがある? みたいな気持ちもある)