わからなさにも尊敬できる空気漂うのとそうじゃないのがある感じ

▼▼判らなさに舞い踊って遊んでみせるの、最近やってないな、って思って、こういう行動は余裕がないとできないとかあるのんだろうか……、というのも思って、ともあれ、同じ「判らない」にしても、なんとはなしに敬意を向けることのできる判らなさ、と、見下したり巫山戯たりしてしまう判らなさ、というのがある気がする、と思ったりもした(判らないことを面白がるのって、ぼんやりとでも「この判らなさは素敵だな……!」とか思えてないと、できない雰囲気あるぞ、って思った)