嫉妬が思い出しづらい

▼▼物語を読んでいるような時、記憶を頼りに「感情や感覚をシミュレート」することがあるわけだけど、ほかの気持ち(の想起)と比べて、嫉妬、って、シミュレートするのを若干苦手としてるかも、と思った。思い出してる時の「嫉妬」ってなんかあんまりリアリティ持たせられてないなあ(形式的というか紋切型というか、だな)、という気配だ。あんまり嫉妬というものを経験してきてないから? 思わないほうだから? 脳内に蓄積がなくて、再現が苦手? というふうにも考えてみたけれど、まあ、別にそんなことない気がする。