失敗文章、二種類

▼▼途中で「すごく普通のこと書いてる……」と気づいて断念、したような文章だって破棄せず残しておいてもよいのでは? って昨日思った。けど、ここ見慣れない道だな、と思って書き進めていったら結局見慣れた道路に出ちゃったから駄目、っていうのと、論理破綻したから駄目、っていうのは別物なのだよなー、って考え直した。単純に「途中で諦めた文章も残したほうがよいんじゃん?」って書きかたをしていると、混同しそうだ、と思ったのだった。
▼▼え? いや、別に、言語化しつつ思考を進めていったら、途中の道のりが、当初想像してたより入り組んでいて、迷子になっちゃったよー、というような文章だって、同じように記録しておいてよいのでは……? ▼▼ぜんぶ残しておいてよい、ともまあ思う。
▼▼新しいものだと勘違いしてることに途中で気づいて書く意味を見失った文章、と、混線してることに気づいてというか整理してるうちに余計にごちゃごちゃにしすぎちゃってというか、途中で手に負えなくなってしまって収めきれなくなった文章、だ。
▼▼言語化失敗!にも種類がある、というのを考えていた。もう一種くらいありそう。