最も好きな物語を書いた人が最も嫌いな人だったら、という思考実験(って思考実験、人格分裂や異世界みたいな複雑な思考実験並みに脳が混乱するぞ……、と思えた)

▼▼作家と作品は別である、と認識するよう促してくれる言説は時々あって、賛同もあるし異論もあるのだけれど、最も好きな物語の書き手が、最も嫌いな人だった場合、というのがあとから判った場合──、というふうに思考実験をしてみて、気持ち、感情、判断や認識の改訂のしかたや安定性、などなどの「制御」について考えてみたら、かなり大変なことになる気がしたので、やっぱり別認識できるようにしておいたほうがよさそう、というか、混乱しないよう多少は整理整頓しておいたほうがよさそう、と思えたりはした。