知らないことにも御世話になっている

▼▼事情や気持ちを斟酌せずに済む時のほうが、話しやすかったり動きやすかったりすることは、まあまあある。でもって、最初から状況を知らなければ事情や気持ちを斟酌しないで済む、といったこともある──最初から状況を知らなければ、斟酌しないように、という決意プロセスや行動のプロセスを経由しないで済むため、消費エネルギーを少なく済ませられるところがあったりする。▼▼といったことがもたらしてくれる効果や効率には時々お世話になっている。▼▼お世話になった場面が増えてしまったため、無知や未知といったことを、駄目側や苦手側に見る雰囲気が、少し、和らいでしまったな、なんてことも、最近は思ったりしている。無碍にできなくなりつつある。