読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜作業と記憶妄想

勤務記

▼▼深夜に黙々と働いた。同じ姿勢を続けていたこともあって躰が痛くなっている。
▼▼時間は沢山あったので、もっと創作的、より創造的、なことでも考えて試行錯誤を重ねていればよかったのに、というようなことを思ったりもしたのだけれど、ぜんぜん思いつけなかったなー。昔のことばかり考えていた気がする。思い残しばっかり考えていた印象だ。躰がイタイツライという状況になると思い出に向かう傾向がある気はする。妄想気味な雰囲気もあるなー。妄想と思い出はけっこう似てる(似せている)かも。妄想と同じ枠組みを使って記憶検索している時がある、なんてふうにも言えそう。