思考に言葉が追いつかない、って気分に酔う

▼▼書きたいことが頭の中に確かにあって、けれど言葉にはうまく出来なくて、だからばらばらぐちゃぐびゃべたべたぐだぐだと、まとまってないことを書きましたー、意味も論理も綺麗に通っておらぬ煩雑な言葉を書くだけ書いて終わっちゃいましたー、という状況の存在を信じている。訳の判らない──半端な理の──無謀な説明の、言葉、を叙述した時に、ほんとうに書こうと思っていた正解があるぞ、と認識してる時がある、のだ。
▼▼認識や思考の混線具合を言葉で解きほぐし切れなかったぜ、って思ってる時がある。
▼▼けど──。
▼▼混線を解きほぐそうとしてうまく整理できなくて混乱した言葉を書きました、っていう気分を背景にして言葉を書いてるだけ、って時もあるんじゃないかって思ってて──結構毎回疑ってて、しかもこれってじぶんじゃあ適確に区別できなそうだし判断が難しいねえ、なんて思ったりもしている。▼▼思考に言葉が追いつかないぞ! って言えるような状況や気分が思いのほか楽しくて、だから、思考が言葉に追いつかない時に出てくるような言葉、を書いて遊んでる時、が、おそらくあるのだよなー。
▼▼に加えて──。
▼▼思考が次の領域に進んでくれそうな時、の、寸前の段階に、整理整頓するために物をぜんぶ散らかしたような混乱期のようなものがあって、この時期は比較的、混乱が目立つ言葉を書くんじゃないか、って印象も持ったりしていて、こういう段階の時も「思考に言葉が追いつかない」ような言葉を書きがちなんじゃないかな、なんてふうに思ってたりもしてるので、実際にじぶんが言葉に振り回されているような気分が出てきた時に、これはほんとうに振り回されてんの……? 君はほんとうに困ってんの……? ほんとうにこうして現在書いてる言葉が「思考に追いつかない」言葉なの……? なんていう疑いの目が出てきちゃったりすることも、わりとあるのだった。
▼▼ほんとうに言葉にしきれない複雑な認識を抱えてる時と、テキトーに混乱してる風の言葉を並び立てて遊んでる時と、棚卸のような頭の動きが「言葉にし切れなさ」を現出させている時、の三つで整理しようとしてる、のかな……。一つ目と三つ目の境目が微妙だなあとは思った。▼▼思考は言葉に先んじる? の話も混ぜたくなるしね……。いや先んじる時も先んじない時もあるでしょ? が素直な経験則ではあるのだけど……。