試行錯誤

▼▼試行錯誤する、って言い回しを書いたり読んだりした時に、試行することで(してるのに)錯誤してゆく(増していく)って流れ、変じゃない? なんてふうに時々思ってたのだけど、改めて考えてみたら、試行錯誤を重ねる──試行錯誤を繰り返す、っていう言葉回しが初期の姿なんじゃないの? って気づくことができて、試行→錯誤→試行→錯誤→試行、と、消しきれぬ錯誤をためつすがめつして修正してゆく、って雰囲気で状況を想像してみたら、納得できる、って思えた。
▼▼試行錯誤する、って言い回しは、つまり間違いなのかな?
▼▼間違い、ということではなさそうだった。とはいえ、実例のような形で示されるものには、たいてい「重ねる/繰り返す」が使われていた。
▼▼とかなんとか考えていて──
▼▼じぶんが当初抱いていた「試行錯誤する」のイメージ(直線的なもの)、と、試行錯誤を重ねる/試行錯誤を繰り返す、という意味合いを経由して「短縮形」としてイメージできる「試行錯誤する」(反復的なもの)は、別の手触りで認識できそうだぞ、っていうのも思った。別物として見れるようになった。境界線が窺えるようになった。
▼▼錯誤のところもっとほかに見合う言葉あっただろ、とも、まだ思ったりはするけど。