思考の感じ

▼▼と考えた、と感じた、という二つの言葉を並べてみると、「と感じた」のほうを上位に置いている印象があって(「と感じた」のほうが上位概念だと──上位概念である「と感じた」の中に下位概念である「と考えた」が包括されている?と、思っている雰囲気があって)、考える、という行為に対しても、問いを巡る言葉(など)を頭の中に循環させた時の感じ、とか思っているところがあるな、と思った(というような、思考という行動にまつわる感覚面や印象面からの眺望を見渡すの、けっこう好きだ、って前から思っている気がするぞ、と自覚した)