思想の矛盾を糾弾

▼▼あなたの持っている思想、世界観や理想像、目的意識や美意識、から言ったら、そういう命題を肯定できちゃうのは、発言できちゃうのは、駄目じゃない? 致命的じゃない? 矛盾じゃない? と指摘されたら、お、あ、た、たしかに……、たしかにそうだ……、これからは直そう、すぐに直すのは無理でも少しずつ「思わない」ようにしていこう、いつかは自然に思わないような形状に思考や感覚を矯正しよう、しますよ! と、まあまあ素直に思うほうだし答えるほうだ(説明が納得がいくものなら、というか、理路がきちんと通っていれば、ではあるけれど)(という状況制限が、誤魔化しや屁理屈を許すほころびになりがちな気もするけれど)。
▼▼が、それで直せたのなんてあるかなー、って思った。▼▼その時は真剣に「直せねば」と思うにせよ、結局は直せてない、なんて事例、沢山あると思う。▼▼というところまで考えたのだけど、うーん、でもさ、たぶん、直ったところもかなりあるでしょ、って思い直した。▼▼あと、直し途中の物が、ほんとうに沢山あるでしょ、って思った。いまでも修繕や補修を日夜続けている。まだ途中だ。でもまあ、それはつまり、まだまだよくなる余地がある、いまもなおよくなり続けている、ということでもある。
▼▼思想に矛盾があっちゃ駄目、っていう判断ではない。あんまりそれは思っていない。ただまあ、矛盾してるよりはしてないくらいのほうが好き、なのだ。そういう嗜好だ。思想がかっちりキマってると気持ちよい。