繊細に物事を見るのが好きなの、と、些細な物事を甘く見ちゃうの

▼▼物事を細かく描写することや描写を読むのを好む嗜好があるの、と、些細な物事の効果なんて薄いと前提しちゃう直観があるの、並立させてる気配あるけど、変じゃない?と思った。が、普段から些細な出来事などを自然に軽視し楽観しちゃってるからこそ、些細な眼差しによる話が新鮮に思えて──物珍しく聞こえて、楽しめるのでは? あるいは些細な眼差しから来た話が訓戒のように聞こえてしまって、胸に響く──真面目に聞いちゃうのでは? あたりのことが起きてるのかもなあ、と思い直した。
▼▼じぶんの目線を細やかさ側に切り替えて記述できた文章すら楽しめるくらい、日常のうちでは些細なことを甘く見ちゃってる、なんて結論が出てきそうだけど……。▼▼いやまあ実際甘く見てるならしょうがないけど……。
▼▼描写の細やかさ、と、出来事の些細さ、って、同じ箱の中に入れて考えてよいのか?